スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の植物たち

先日ちょこっとお話した沖縄修学旅行。今日はその第一弾です。

~沖縄の植物~
南国の沖縄だけあって、ここらへん(本州)では見られない植物がたくさんありました。
パパイア
Papaya in nakagusugu
これも中城城にて
世界遺産「中城城(なかぐすくじょう)跡」にて。ここの他にも、沖縄ではいたるところで目にすることが出来ました(強いて言えば本島南部が多かったかも)。
沖縄では庭に植えて、未熟果を野菜として使うそうです。タンパク質分解酵素を含むため、肉との相性がいいんだとか。


ギンネム
ギンネム
ゆいレール県庁前駅にて。こちらもあちこちで見られました。ネムノキの仲間です。
実はこの植物、もともとは日本になかった外来種なんだそうです。沖縄戦ですべてが焼き尽くされたあと、「緑化」のために米軍が飛行機で種をばら撒いた・・・という話を引率の方がおっしゃっていました。そりゃ沖縄各地で見られるわけだ。
また、ギンネムには毒があり、これを食べた人が毒で禿げてしまったそうです。生命力が強く、毒があり、あちこちに生えている・・・と、なんのとりえもなさそうなやつですが、生長の速さを生かしてバイオエタノールに加工できないか研究中だそうです。


アダン
アダンの実
パイナップルのような実
いかにも南国って感じがします。海の近くに多く生えています。こちらは「万座毛」という所で撮りました。
万座毛の碑
あ、天然記念物だったんだ。
このアダンの実、パイナップルにも似ていて色も鮮やかで、おいしそう見えますがが、味は「ほんのり甘酸っぱくて、とてもエグイ」そうです。そこまで言われると、さすがに食べる気をなくします・・・。
アダンの実は繊維質豊富(?)です。
落ちた実
地面にはこのように固い繊維のみ残った実がたくさん。ていうか、ほとんど繊維じゃん!こりゃ食えないや。
ちなみにこの実、オカヤドカリの大好物なんだそうです。

葉っぱにはとげが
アダンの若い葉
写真では分かりませんが、葉の中央の葉脈の裏にもトゲが生えています。このトゲは非常に鋭く、手に触れただけでかなり痛く感じます。
この日は風で葉が揺れていたので、葉に触れればたちまち血だらけになったでしょう。そこまではいかなくても、かなり痛い目にあったはずです。



スナヅル
スナヅル
この砂浜に生えてるラーメンみたいな植物は「スナヅル」といいます。他の植物に寄生して育つため、光合成をする葉緑体は持っていません。そのため、黄色っぽいのです。
蔓を砂に深くもぐらせて、風で飛ばされないようにしています。ただ、根っこではないので引っ張るとすぐに抜けてしまいます・・・。



ここでは紹介できませんでしたが、ほかにもサトウキビ、ドラゴンフルーツ(大株)、明日葉みたいな山菜、マンゴー(らしきもの)などを見られました。植物オタク好きにとってまさに聖地のような場所でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイシ

Author:レイシ
この春大学生になった、釣り好きシャチ好き野菜好きな変人。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。