スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮池に眠る秘宝

あ、せっかくのエイプリルフールなのにうそをつき忘れた。
ま、自分嘘吐くの下手だし別にいいか。

というわけで真実の記事を書きます。タイトルが怪しいけど、ほんとですよ。


ある日、私は宝の在り処が記されている古文書を見つけた。それによると、我が家のハス池には古くからの秘宝が眠っているという。
(ここまでは嘘です。)


私は宝・・・いや、池にレンコンがあるかどうか確かめるために池を掘り起こしてみた。
「レンコンがない」⇒「ハスが生えない」が証明されているため、レンコンの有無は重大な事柄である。

一旦ハス池の子メダカを移して、池を掘り起こす。しかし、いくら掘ってもレンコンは出てこない・・・。
「ええい、もうなるようになれ!」と腕まくりをして再度掘り起こすと、何かがプカアと浮かんできた。

・・・これはハスの若芽?

先ほどの荒い仕事を反省して慎重に作業を進める。
すると、だいぶ掘った所で土ではない何かに接触。でっかいアピオスのような感触だ(例えが悪いが)。
これは間違いなくレンコンだ!!
折らないよう慎重に慎重を重ね掘り出す。ところが・・・・!
ぽきり。

えええええええええぇぇぇぇぇぇぇ!?

というわけで、ここからはもう失うものはなにも無いとばかりに荒作業復活。

ちゃぶ台返しのごとく池をひっくり返す。
水を抜いた池
でーい!
レンコンは底のほうに集中しており、肥大していない地下茎は土となりつつある。
そして地下茎からレンコンをもぎ取り、水洗い。
平成23年度のレンコン
水に浮く
今回一番の出来はこのレンコン。
平成23年度BESTレンコン
やっぱりちっちゃい・・・。
ただ、タネから育てたことと、小さな池での成長を考えれば、上出来じゃないか。すごいじゃないか。やるじゃないか!

土を入れなおし、埋め戻す。腐らないといいけど・・・。











そうそう、古文書の話は全くの嘘ですが、宝はありましたよ。
30YEN
「ボウフラ対策には銅イオンがいいらしい」という噂を聞き、池に放り込んだ十円玉。表面の汚れを取り除くとこのような光沢のあるコインになりました。


鴨シーのHPをみたら、「動物の状態が安定しないため、シャチのディスカバリーガイダンスはしばらくお休みします」との記事がありました。

ダダッダダダダダダッダダダダダイジョウブカ!?(゜Д゜;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイシ

Author:レイシ
この春大学生になった、釣り好きシャチ好き野菜好きな変人。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。