スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスパラガスの植え替え

このタイトルを見て、「?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

そう。普通はアスパラは一度植えればずっとそのままにするのが基本です。しかし、多年草のアスパラも、10年ほどすると、次第に収量が減っていきます。
それを解決するために、農家の方は10年ほどすると植え替えをするそうです(もちろん、マイナーなやり方のようですが)

・・・でも、我が家のアスパラはまだ植えて2年目。それでも、植え替えに踏み切った理由は・・・

第一に日当たり。我が家の菜園は、かなり日当たりが悪いです。そのせいもあってか、同じ時期に植えた祖母の鉢植えのもののほうが明らかに成長が良かったのです。
第二は・・・
ただ単に、今アスパラを植えているところに、日当たりが悪くても育つものを植えたかったから。

そんな感じで植え替えを実行しました。果たして、吉とでるか・・・

でっかい鉢堆肥
右・買ってきた堆肥(おがくず・牛糞)。左・買ってきた鉢。
ここ数年は落ち葉を集めて自分で堆肥を作っていたのですが、今季は諸事情により堆肥作りは見送りました。

そして、アスパラを掘り出します。掘り起こしてみると、古い根がかなりスカスカになっていました。また、新芽の数も大幅に減って・・・
いいんです。ちゃんと成長してくれれば。収穫できるまで何年も待つから、大きくなってね~

ちなみに、この間手が大変なことになっており、大事なケータイカメラを汚すわけにもいかないので写真は撮っていません。ご了承ください。

植え替え完了
植え替え終了。茎が長く伸びる夏に備え、あらかじめ支柱を立てておきます(この後、支柱にひもをはる予定)。

とりあえずの結果が出るのは春か・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイシ

Author:レイシ
この春大学生になった、釣り好きシャチ好き野菜好きな変人。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。