スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行 真夏の湘南片瀬港

<25日、釣りに行ってきました。

場所は片瀬漁港東プロムナード。本当は西プロムナードに行きたかったのですが、台風の影響で所々危険なため云々で立ち入り禁止になっていました(´・ω・`)

当日は澄み潮の小潮、しかも昼にかけてじわじわと潮が引いていくという、ビミョ~な条件でした。


堤防についてみると、港内外には大きな鯔の群れが!掛かったら引きそうだな~とおもいつつ投げ竿を出して、置き竿にしたあと探り釣り。仕掛けはハゼ用片天秤に競技用キス針7号。アタリがわかりやすくお気に入りの仕掛けです。

早速アタリが!
アカオビシマハゼ(?)
アカオビシマハゼらしきものが釣れました。写真を撮ってリリース。

ここで友人AがヒイラギをGET.写真を撮るのを忘れてました。いい型だったのに・・。
暫くはアタリはあっても針がかりしないことが多くなったので、川の近くの浅瀬で仕掛けを下ろしてみたところ、
クロサギ(上から)
こんなお魚が。記憶とYahoo画像で調べたところ、どうやらクロサギのようです。
クロサギ
注・これは家で撮ったものです
なかなかの引きで楽しませてくれました。キープ。

その後、岸壁すれすれを狙っていた友人Aにとんでもない獲物が!
まさかのギンポ
ギンポ。ダイナンか本家かは分かりませんが、おいしいやつです。

その後も友人Aはクロサギを釣り上げ、まだ釣っていない友人Bは焦り始め・・・
とおもったら、なんと投げ仕掛けに2種類の魚が付いているではありませんか。しかも一匹はボラ。
たぐり寄せようとした友人Bですが、残念なことにボラはバレてしまいました。
そして釣り上げたもう一匹がこちら
ダイナンウミヘビ
ダイナンウミヘビ。海蛇とついていますが、ウナギの仲間、魚です。

友人B「これ食える?」
レイシ「食えたと思うけど、骨が多いって」
友人B「じゃぁ・・・」

リリース。歯が鋭いので、メゴチバサミとプライヤーがあったほうがいいです。

それからは小物が続き・・・
ウミタナゴ
注・これも家で撮りました
ウミタナゴ。本来ならリリースすべきサイズですが、針をはずしたら死んでしまったのでキープ。申し訳ない。

石鯛の子ども
友人Aが釣った石鯛の子ども、シマダイ。こちらは撮影中に跳ねるほど元気だったのでもちろんリリース。

最終的に友人Bがクロサギ、友人Aがヒイラギ4匹を追加、レイシがボラをバラしてこの日は竿をたたみました。
東プロムナードからのぞむ江ノ島西浦
東の赤灯、西の白灯
正面には江ノ島



毎度のことですが、いまだにならず者が
放置されたゴンズイ
ゴンズイは毒針があるし、死んでも毒は消えないんだから、釣り場に放置はやめなさいっ!
ちなみにこのゴン様は友人Bが海へ送ってくれました。ありがたや。





持ち帰ったクロサギとウミタナゴは塩焼きにしました。
おいしい塩焼き
クロサギを捌いたら巨大な卵巣が出てきました。ごめんよ。
たらこみたいなのでいっしょに焼くことに。粒の小さいタラコのような食感でした。
ウミタナゴは昨年も食べましたが、やっぱり身離れもよく味もいい。塩を多めに振ってしまいましたが、むしろその方がおいしいかも。
クロサギは鱗を取るのが大変でしたが、ふわふわでやわらかい白身でした。ボリュームもあり、なかなかいいんじゃないでしょうか。

でも、次こそはキスかメゴチかウナギを釣って帰りたいなぁ。

続きを読む

スポンサーサイト

お知らせ

昨日(7月25日)、キンギョの「ニッキ」が亡くなりました。
白点病による衰弱が原因と思われます。
昨年2月のニッキ
SBSH0165.jpg
昨年11月のニッキ
10月のニッキ
一昨年の7月に川から家へ来ました。驚異的なスピードで、一般に「小赤」と呼ばれるサイズから17cmにまで成長していました。その大きさから家族には錦鯉と呼ばれていました。

ご冥福をお祈りします。

シャチ「ラビー」、第2子を無事出産!


姉妹の会話
ラビー&ララ「生まれたのですキュー!」


公式HPなどによると、19日午後6時24分、鴨川シーワールドのシャチ「ラビー」が女の子を出産したそうです。
おめでと~~~~!!!!!!
当初の予定は8月と聞いていたので、朝、友人から一報が入ったときは「はへ?」となりましたww
公式ホームページのニュースのページを貼っておきます。
ニュースはこちら
公式サイトには赤ちゃんの動画も載っていましたが、赤ちゃんよりもアースくんのほうが目立っていました(笑)

この夏は込みそうだなぁ~。

沖縄の植物たち

先日ちょこっとお話した沖縄修学旅行。今日はその第一弾です。

~沖縄の植物~
南国の沖縄だけあって、ここらへん(本州)では見られない植物がたくさんありました。
パパイア
Papaya in nakagusugu
これも中城城にて
世界遺産「中城城(なかぐすくじょう)跡」にて。ここの他にも、沖縄ではいたるところで目にすることが出来ました(強いて言えば本島南部が多かったかも)。
沖縄では庭に植えて、未熟果を野菜として使うそうです。タンパク質分解酵素を含むため、肉との相性がいいんだとか。


ギンネム
ギンネム
ゆいレール県庁前駅にて。こちらもあちこちで見られました。ネムノキの仲間です。
実はこの植物、もともとは日本になかった外来種なんだそうです。沖縄戦ですべてが焼き尽くされたあと、「緑化」のために米軍が飛行機で種をばら撒いた・・・という話を引率の方がおっしゃっていました。そりゃ沖縄各地で見られるわけだ。
また、ギンネムには毒があり、これを食べた人が毒で禿げてしまったそうです。生命力が強く、毒があり、あちこちに生えている・・・と、なんのとりえもなさそうなやつですが、生長の速さを生かしてバイオエタノールに加工できないか研究中だそうです。


アダン
アダンの実
パイナップルのような実
いかにも南国って感じがします。海の近くに多く生えています。こちらは「万座毛」という所で撮りました。
万座毛の碑
あ、天然記念物だったんだ。
このアダンの実、パイナップルにも似ていて色も鮮やかで、おいしそう見えますがが、味は「ほんのり甘酸っぱくて、とてもエグイ」そうです。そこまで言われると、さすがに食べる気をなくします・・・。
アダンの実は繊維質豊富(?)です。
落ちた実
地面にはこのように固い繊維のみ残った実がたくさん。ていうか、ほとんど繊維じゃん!こりゃ食えないや。
ちなみにこの実、オカヤドカリの大好物なんだそうです。

葉っぱにはとげが
アダンの若い葉
写真では分かりませんが、葉の中央の葉脈の裏にもトゲが生えています。このトゲは非常に鋭く、手に触れただけでかなり痛く感じます。
この日は風で葉が揺れていたので、葉に触れればたちまち血だらけになったでしょう。そこまではいかなくても、かなり痛い目にあったはずです。



スナヅル
スナヅル
この砂浜に生えてるラーメンみたいな植物は「スナヅル」といいます。他の植物に寄生して育つため、光合成をする葉緑体は持っていません。そのため、黄色っぽいのです。
蔓を砂に深くもぐらせて、風で飛ばされないようにしています。ただ、根っこではないので引っ張るとすぐに抜けてしまいます・・・。



ここでは紹介できませんでしたが、ほかにもサトウキビ、ドラゴンフルーツ(大株)、明日葉みたいな山菜、マンゴー(らしきもの)などを見られました。植物オタク好きにとってまさに聖地のような場所でした。

キイチゴに絡む謎の蔓

先日、古くなったキイチゴを伐採していると、見慣れないものが!

やけに太い蔓
うわぁ、へ、へ、ヘビだぁぁぁぁぁぁぁ!!


うそです。正体はこれ
自然薯
なんのことはない。ただの自然薯でした。
昨年自然薯は全部掘り起こしたと思ったんだけどなぁ。ずいぶん大きい芋を掘り残していたようです。
自然薯は蔓が太ければ太いほど芋も大きいそうなので、これは期待が持てるかも。

今日は海の日

今日は海の日ですね。

というわけで海に行ってきました。
いつもの小突堤
堤防先端より
富士山がきれいに見えたのですが、今日の富士山は浮世絵っぽいというか、なんか本物っぽくないというか、不思議な感じでした。


さて、話は少し変わりますが、皆様は「つり球」というアニメをご存知でしょうか?
江ノ島が舞台の釣りのアニメで、つい最近までフジテレビの「ノイタミナ」という番組内でやっていました。
自分は第十話と最終回しか見ていないのですが、第四話と第八話にこの堤防が出ていたそうです。
(ちなみに、この堤防は正式には「江ノ島西浦」というそうなので、以後、そちらの名前を使用します)
で、その登場人物がこの人たち
ユキ
真田ユキ、という人
ハル
ハル、という人(?)
アキラ
アキラ・アガルカール・山田、という人。抱えているアヒルは「タピオカ」という名前
夏樹
宇佐美夏樹、という人
ココ
ココ、という人(?)
さくら
宇佐美さくら、という人。夏樹の妹
えり香
宇佐美えり香、という人。苗字は同じだけど、夏樹の家族とかそういうわけではないらしい。
井上歩&海咲
井上歩(左)と海咲(右)。歩は釣り船の船長、海咲は釣具店の女店主なんだとか。
写真が手に入れられたのは以上の9人と1羽ですが、当然他にもいろいろいるわけです。
んで、今重要なのはアキラ・アガルカール・山田と宇佐美夏樹。

なんとこの二人がいました。
江ノ島西浦にいたつり球メンバー
実はレイシはユキほどではありませんが人が大の苦手なので話しかけることが出来ませんでした・・・。というわけでこっそりここから撮ってしまいました。夏樹さんアキラさんごめんなさい。


つり球の影響か、はたまた暖かくなってきたからか、この堤防にも多くの人が訪れるようになりました。これからつり球聖地として観光客が来ることが予想されますが、せっかく来た観光客が不快な思いをしないよう、また地元の人々の生活の場を汚さないためにも、釣りででたゴミはしっかり持ち帰りたいものです。



ちなみに、キャラクター紹介で使った写真は、江ノ島の島内に散在しているほか、片瀬漁港近くの「観光センター」でも見ることが出来ます。記念にコンプリートしてみては?

続きを読む

菜園の近況

カテゴリがばらばらなので「近況報告」でまとめました。

マイクロトマト
まだ青い
そろそろ赤くなってもいい頃なんだけど・・・。
今年は昨年より幹もしっかりして花も多いです。期待が持てそう

オニグルミ
すくすく成長中
他の植物と比べると、驚異的なスピードで葉が増えています。
そして、幹も黒くなり始め、樹木っぽくなってきました。


ポップコーン
雄花が・・・
まだ雌花が出ていないのに、雄花だけ伸びてきました。これじゃ受粉できないよ~(´Д`;)


ワイルドストロベリー
ワイルドだろぅ?
香りはとてもいいんだけど、酸っぱくてちっちゃいからなぁ。専ら観賞用です。


ハス
ちょっと前のハス
こちらの成長は停滞気味。昨日肥料を足しました。
そしたらメダカが鶏糞を・・・ぱく。
今朝見たら卵を産んでました。鶏糞の力おそるべし!?


気温も上がり、草が生い茂ってきました。中でもカタバミ、メヒシバ(だったかな?)はあちこちに根を出すので強敵です。
あっという間に増えるので皆様もお気をつけください・・・。

果樹の植え替え

本日、アボカド・スナックパイン・ライチの植え替えをしました。

アボカド
植え替えたアボカド
こちらは・・・特にこれといった面白いことも無く・・・普通に市販の鉢に市販の培養土を入れて、植え替えただけです。


ライチ
植え替えたライチ
だいぶ大きい鉢になりました。種まきから今年で5年、花はまだでしょうか・・?


スナックパイン

パインは乾燥を好むので、赤玉土をベースに土作りを行います。
赤玉土
これに腐葉土を足します。大体赤土:腐葉土=8:2ぐらいだったか。
混ぜた土

これに、水に浸けて根を伸ばしていたパインの頭を植えます
植えたパイン
さすがにカラッカラだと不安なので少し水をやりました。ただ、あげすぎても根腐れで枯れるので加減が難しい・・・。

ちなみにドラゴンフルーツも植え替えたんですが、写真を撮り忘れました。

続きを読む

トロピカルな話をしよう

昨日、高校の近所の園芸店に行ったら、なんとライチの苗木が売られていました(゜Д゜;)
うわっwwこれ欲しいwと思って値札を見ると、そこには
「珍品 5800円」
ムリムリ。実生の苗で自分はがんばりますよ・・・。
そしてライチの隣にはジャボチカバ※の苗木が売られていました。
うそマジでジャボチカバ初めて見たwwと驚きつつ値札を見ると
「6800円」
ちぇ。
ジャボチカバの隣にはアテモヤ※やバンレイシの仲間が売られていましたが、もう値札を見る気力はありませんでしたとさ。


そういうことがあったので今日はトロピカルフルーツの話題です。






アボカドが芽を出しました。
芽を出した
というのはもう昔の話。
今はこんな感じ↓
今はこんな感じ
大きくなりました。近々鉢に植え替える予定です。

もう一ヶ月も前になりますが、またライチを買ってしまいました・・・。
おなじみの褐色
今回のはよく見る褐色のもの(台湾産)。
おなじみの薄皮
おなじみの果肉
おいしくいただきました。

そしてお約束の種まき
チョコボー○
今回は中身の詰まったチョ○ボールのような種。期待できそうです。
というか、これも一ヶ月前の話で、今はすべて発芽しました。
その模様はまたいつか


沖縄で買ってきたスナックパイン。パイナップルをこの状態で買うのは初めての体験。
スナックパイン
パイン拡大
ちなみに国際通りの公設市場で一個200円でした。安いね。
このパインの特長は食べやすさだと思います(もちろん手ごろな値段、強い甘みなどもそうですが)。
普通のパインはヘタをとり、皮をむき、芯をとり・・・と手間がかかりますが、このパインの食べ方は実に斬新!
ちぎって食べる
ちぎるっ!!そしてかぶりつく!ワイルドだろぅ?
パイン特有のイガイガ感が無く、酸味も少なく甘みが強い。安かったし、もっと買えばよかった・・・。

ちなみに、ヘタは水に漬けて根を出させています。根が出てきたのでこちらもそろそろ鉢上げです。
その模様もまた今度。



ジャボチカバ:トロピカルフルーツ。木の幹に直接ブドウのような実をつける。
アテモヤ:やっぱりトロピカルフルーツ。バンレイシ(ブラジル名は「アテ」)と世界三台美果のひとつのチェリモヤを交配したもの。

詳しくはwebで!

ラッキョウ漬

先週は定期試験、その前の前の週は修学旅行となんのお知らせも無くブログ更新を休んでしまいました。すみません。
小ちゃんが亡くなったのが、修学旅行前日・・・。同居しているニッキさんは変わらず元気なので、口の怪我による衰弱か何かに感染したのか。
念のためフィルター掃除と薬浴をしました。



んでもって行って来た修学旅行も4日間のうち3日が雨。沖縄なのに寒くて震えました(((´;ω;`)))
その模様もそのうちupしようと思います。



そしてラッキョウのお話。
2週間前、出来上がったラッキョウ漬をもらいました。
ラッキョウ漬
拡大
画像を一部加工しています

インスタントコーヒーのビンで漬けました。
元のラッキョウが小さいのでもちろん漬けあがりも小さくなっております。
小さめ
小さいほうが味はいいというが・・・
いい味です。甘酢のすっぱさと唐辛子やラッキョウの辛さがちょうどいい感じです。
毎日食べたい味です。

(とはいったものの、ラッキョウには糖質が野菜の中では非常に多く含まれているので、あまり食べ過ぎると太るかも・・・。)
プロフィール

レイシ

Author:レイシ
この春大学生になった、釣り好きシャチ好き野菜好きな変人。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。