スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンニクの植え付け

台風が過ぎてこちらもだんだん寒くなってきました。

というわけで、ニンニクの植え付けシーズンが終わる前にさっさと植えます。

もし実際に植え付けをする際は、種ニンニクは必ず種用のものをご使用ください。スーパーなどで売っているものや自宅で収穫したものは病気にかかっている恐れがあります。

・・・と一応書いておきましたが、じつは自分は種用のニンニクなんて買ったことがありません。だって高いんだもん(笑)
一応それでも小さいながら収穫できますし、病気になったことも無いので、種用じゃなくてもいいという方は自己責任で・・・

それでは植え付けに入りましょう。

今回植えたのはこの種球↓
種球
もちろん種用ではありません(笑)菜園ティストの風上にも置けないな・・・
上の二つは最近話題の「ジャンボニンニク」。以前ブログで紹介した、「ニンニクの芽」をだしたアレです。
例のアレ←ニンニク関係ないとこもありますが、お構いなく。

下の二つは、帰省中に直売所で手に入れたもの。その地特産の「赤皮ニンニク」(だったかな・・・?)という品種。もちろん種球なんかここらじゃ簡単には手に入りません。

今まではニンニクは専用のスペースで作っていたのですが、なんとニンニクは連作(注)できないらしく、しかも粘土質の畑は土の重さで大きくならないのだそうで。
今までのニンニクスペースは粘土質の畑だったので、ことしはサラサラした砂質の畑に植えました。

と、植えたところなんですが、ここで用事を思い出してしまい、写真はここまで・・・
芽が出たりしたらまたお知らせします。



注・連作 同じ土地で、2年以上同じ作物、または同じ仲間の植物を栽培すること。連作をすると、特定の栄養分が土から失われたり、特定の病気や害虫が増えたりして、その作物が育たなくなります。(=連作障害)。ひどい時には線虫という生物が出て多くの作物に悪さをすることもあります。
例えば、ある年にトマト(ナス科)を植え、翌年にジャガイモ(ナス科)を植えると、「連作」になります。
一般に、ナス科、ウリ科、マメ科、ユリ科、キク科、アブラナ科は連作できません(大体の野菜はこのうちのどれかですね)
このような野菜は、アブラナ科、インゲン・落花生などのマメ科は1~2年、ウリ科やユリ科は2~3年(スイカは4~5年)、ソラマメ、枝豆などのマメ科やキク科は3~4年、ナス科やえんどう豆は5年ほど空けなくてはなりません(例外として、ジャガイモは2年ほどでよく、マイクロトマトやカボチャは連作が可能です)。

どうしても連作したい場合は、対策として、接木苗を使う、緑肥をすきこむ、ネギと一緒に植える(ウリ科に有効)などがありますが、やはり連作しないのが一番です。
スポンサーサイト

祝!

うれしいお知らせがありますっ!

「ボウフラ取りに」とハス池に放したメダカ隊。あれから数ヶ月経って何匹かは亡くなってしまったのですが・・・

1週間ほど前、子メダカがいるのを発見しました。
数えてみると10匹以上。探せば探すほど見つかります。
一応写真に撮って見ましたが、ちっちゃいこともあってか見づらいです・・・
これ
ここにも
ここにも2
腕がなくてすみません・・・

水草と比較するとその小ささがわかると思います。


来年は隊員も増えてよりボウフラ取りが進むといいなぁ・・・

シソ

今年はシソのできがよく、花もたくさん咲きました。

シソの花

本当なら先日の釣行でサバを釣って〆サバにしてシソの花をそえて・・・というシナリオだったんだけど。

植えてみました

ラッキョウの美味しさに感動してうちでも作ってみることにしました。
種ラッキョウ
計14個。なるべく大きいのを選んで購入しました。

ここで、面白い話を聞いたので紹介&実践します。

浅植えにすると、分球が多くなって小さめの子球がたくさんとれ、逆に深植えでは、数は少ないものの大きな子球がとれるとされます。

(以上、やさい畑2010秋号より)
実践
左は浅植え、右は深植え。はたして本当に大きさは変わるのでしょうか?

ラッキョウについて調べていると、意外なことが発覚。
なんと、食物繊維が豊富なようです。

見かけによらず食物繊維も多く、食物繊維が多いことで知られるごぼうの3~4倍も含んでいます。

(以上、もっとからだにおいしい野菜の便利帳より)
表示されている食品成分表によると、ラッキョウの食物繊維総量は可食部100g当たり21.0g。ごぼうは5.7gなので、確かに多い。(ちなみに、この本を見る限りではラッキョウより食物繊維を多く含む野菜はありませんでした)

育ててみることで新しく知ることもあるんですねぇ。

菜園ティストの格闘 その2

先日お届けした巨大芋虫との格闘・・・
まさかまたこんなことになるとは・・・

続きを読む

釣行 横須賀海辺つり公園

昨日釣りに行きました。場所は前回と同じ横須賀。昨日もサバなどの回遊魚を狙いに行ったのですが、当日釣ったのは・・・
ウミタナゴ
ウミタナゴ。ちなみにこれは友人が釣ったものです。自分の釣ったやつは写真を撮るのを忘れました)
これが2匹。焼いていただきました

釣り場は前回とほほ同じ公園の真ん中
前回8.24
今回9.18
ああ、今すぐ鴨川に行きたい・・・

午前中にウミタナゴを釣ってからは全く動きが無かったので、コマセ観察。
するとまた・・・
首切れ
首切れのギンポ。これだけかと思いきや・・・
ギンポ3兄弟
頭つき3匹、頭なしはもっとたくさん。なぜここまでギンポが多いんだろう・・・?

そのあとコマセもなくなってきたので片づけをしていると、空いていた隣にベテランさんっぽい人が入釣。
ちょうど片づけが終わる頃、そのベテランさんが立て続けにサバを2本釣り上げました。
やはりウデか・・・

続きを読む

残念ーーーー!!

以前紹介したキクイモ、最近葉っぱが枯れてきました。

本当なら今頃花が咲いてるはずなんだが・・・

ま、かれたのならしょうがないと根元を掘ってみると・・・










そこに芋は1つもありませんでした!!
ざんねーーーーーーん!!



・・・この一年畑をずっと占領しておいて収穫は0かいっ!残念すぎて笑いが止まらないぜっ
あははははははっははは・・・はぁ(´・ω・`)

アピオスに期待しよう・・・

こんなとこに

先日、校舎の5階の窓を開けたら、何かが「ぴとっ」と落ちてきました。
落ちてきたのは子ヤモリでした。
それにしても、なんで5階の窓に居ようと思ったのか・・・?
ぴとっ
ぴとぴと
爬虫類なのに皮膚(うろこ?)が軟らかいんですね

菜園ティストの格闘

本日、かなり激しい格闘をしてきました、レイシです。
格闘といっても、虫とですが( ̄▽ ̄;)
でもその虫が、あまり戦いたくないやつで・・・
かなりbigな虫なので、これより先は虫が平気な人だけお楽しみください・・・

続きを読む

ゴーヤ

帰省先の祖母が育てているゴーヤ。
今年はグリーンカーテンとしてものすごい流行ったゴーヤでしたが、ここでは約10年前からそだてています。
約10年間、形がいいものを選んで種を採ってきたので、形がいいものもよく取れます。
今回いい形だと思ったのはこのゴーヤ。
美しい!
一尺ほどの大きさ、この太さ、色。このゴーヤを美しいと思うのは自分だけでしょうか?

もうひとつ、ゴーヤで美しいといえば、黄色く色づいたゴーヤ。
完熟ゴーヤの美しさよ
写真の向きがおかしいけどまあいいや
全体が濃い黄色に熟すと、また違った美しさが出てきます(少なくとも自分にとっては)。

畑にあった美でした。

これはっ!

今日コウモリを見たレイシです。
この時期だと夕方6時ごろが一番見やすいですね。暗くなりかけていながら、やや夕日が見えている・・・そんな時が一番見やすいと思います。

ま、それはいいとして。

先日「バターナッツ」について書きましたが、その調理法で新たな発見があったのでお知らせします。
よくスープにされるバターナッツですが、天ぷらにすると意外なことに、スープより甘みを感じるんです。
調理法・・・といっても、輪切りにして(種はとって)、衣を着けて、揚げる・・・と普通の天ぷらの作り方と同じ。同じだけど、これだけで結構味が変わります。
ただし、かなり繊維質が多いので、舌触りはあまりよくないかも・・・
でも試してみる価値はありますよ~

続きを読む

じつは

ここ数日、いろいろあってブログほったらかしにしてました・・・
この間に何があったかはご想像にお任せするとして。

じつは先月の24日、釣りに行ってました。
場所は横須賀海辺つり公園。天気もよく、房総半島が見えました(中央奥にうっすらと)。
横須賀の海
また行きたいぜ房総・鴨川!

ま、それは置いといて。
当日はカゴ釣りで回遊魚狙い。前日はサバが釣れていたようなので、今日も来ないかと期待。
しかし朝に周りで2本ほど釣れてるのを見た後は昼までお休み。遠くのほうでは釣れてるようだけど・・・
暇なのでコマセを観察。えびのほかにもいろいろ入ってる。
中でもびっくりしたのはこの二つ。
こ、こいつは・・・!
ちょっと発酵(?)してるけど、これはギンポ!!これだよ、和賀江島で釣りたかったやつは!
そしてこいつも
こ、こいつは!2
こいつはわりと原形をとどめています。これはメゴチ!まだ釣ったこと無いのに、こんな所で目にするとは!

「チリメンモンスター」ならぬ「コマセモンスター(笑)」を楽しんでいると、両隣でデカサバが釣れ始めました。
時合だ!とカゴ仕掛けを投げ続けると、ややあってこちらにもヒット。
サバの強い引きを十分楽しんだ後、ぎりぎりまで引き寄せて引き抜くと、上がったのは・・・
サバ
30~40cmぐらい?いいサイズ。
血抜き後
鮮度が落ちるのが早いので、すぐに血抜きをします。

当日の釣果はこれだけでしたが、十分楽しめました。
プロフィール

レイシ

Author:レイシ
この春大学生になった、釣り好きシャチ好き野菜好きな変人。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。