スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wアボカド

・・・先日は取り乱してしまいました、すみません。

気を取り直して、今日はまた果樹に戻ります。
アボカド
これは種をまいてから5年ぐらい(?)経つアボカドです。これは実を収穫しよう、というような野望は無く、観賞用として育てています。大きめの葉っぱは見ごたえアリ。よく、「実を収穫するためには接木苗を買いましょう」なんて言われますが、観葉植物として栽培するには種からで十分です。種に爪楊枝を刺して、水を入れたビンなどに、種のおしりが水に浸るぐらいに置けば簡単に発芽します。(ただし、気温が低い冬はやめたほうがいいです。2ヶ月経っても根っこすらでませんでした、泣)
アボガドとも呼ばれる
ちょっと狭そうですが、2株植えてます(笑)

我が家では(私だけですが)今までに紹介したトロピカルフルーツたちを総称して「トロピカル四天王」と呼んでいます。以後、このブログ内で使っていくかもしれないので、ちょこっと紹介しておきました。
スポンサーサイト

シャチに興味がある方も無い方も、どうか見ていってください2

昨日は、今取り上げているブリーディングローン(以下、ローンと省略させていただきます)とは何かについてざらっと書いていきました。→昨日の記事
今日は私の主張などを書いていきます。

まず、私はこのローンに反対です。理由は、ナミが死亡した今、今回のローンの目的が果たせないからです。また、ビンゴとステラのペアで繁殖を期待するとしても、わざわざ輸送のリスクを冒してまで名古屋へ連れてくる理由が、私には理解できません。仮に名古屋でビンゴとステラの間に子シャチが生まれたとしても、5年後には親は鴨川に帰ってしまうので、その後は子シャチ1頭で(このローンでは、1頭めは名古屋、2頭めは鴨川のシャチになり、そのあと生まれたシャチは順番に名古屋、鴨川のものになります。シャチの妊娠期間からして、この5年で3頭めが生まれる確率はかなり低いでしょう、推測ですが)、親なしに生きていかねばなりません。

私が見ている限りでは、私と同じような意見に対する答えは見つかっていません。本当にシャチを守る、増やす目的であれば、鴨川シーワールドは名古屋港水族館とローンを結ぶより、外国の水族館と手を組むべきではないか、と私は思います。

ローンを実行するかどうかを決める日が3月頃と予測されている中、自分も黙って見ているわけには行かないと思い、今はまだ作りたてのブログですが、今回この問題を取り上げました。もし、この記事を見ていただけたら、どうか意見をこのブログのコメント欄にぶつけちゃってください。賛成、反対、私の意見に対する反論などなんでもいいのでお願いします。(ただし、他人を罵倒するような内容や、特定の人・物を侮辱するような意見、あまりにも場違いな意見は極力お控えください。

シャチに興味がある方もない方も、どうか見ていってください。

今日、2月25日は、鴨川シーワールドのシャチ四女「ラン」の5歳の誕生日でーす!
HAPPY BIRTHDAY!!
5年前、私はあのとき何をしてたのだろう(その時はまだシャチに目覚めていなかったなぁ)・・・と、ふと考えてしまいます(笑)

・・・しかし、今は手放しでは喜べません。なぜなら今、シャチのブリーディングローンをどうするべきかの議論がされているからです。

と言われても、このことを知らない人にとっては「?」な記事になってしまうと思うので、今回はブリーディングローンについてちょっと説明したいとおもいます(もし間違いがあればお知らせください。訂正します)。

そもそも、ブリーディングローンとは一体何なのでしょうか。
簡単に言ってしまうと、2つの動物園や水族館が繁殖のために相互間で動物の貸し借りをすること、これをブリー
ディングローンといいます。今回話題にしているのは、2010年11月に鴨川シーワールド(千葉県)と名古屋港水族館(愛知県)との間で結ばれたもので、名古屋港水族館がシャチ「ナミ」(♀)との繁殖のため、鴨川シーワールドのシャチ「ビンゴ」(♂)「ステラ」(♀)を借り受けるというものです。ビンゴとステラ・ナミの間に子シャチが生まれた場合、第1子は名古屋側のものになるなどの内容が盛り込まれており、費用は5年間でおよそ5億円とされています。シャチの引越しは2011年1月か2月の予定でした。

ではなぜ、一度結ばれたブリーディングローンが今また議論されているのでしょうか。
その理由として、今回繁殖を期待されていた名古屋のシャチ「ナミ」が1月14日に死亡したことが挙げられます。ナミの死を受け、名古屋港水族館の管理者である河村たかし名古屋市長らがナミの死因を調べるとともに、再検討も示唆したことで今またゆれているのです。

・・・とりあえず問題をざらっと紹介しておきました。この問題について私がどう思うかなどはまた次回述べさせていただきたいと思います。

ドラゴンフルーツ

今日は前回予告していたドラゴンフルーツの話です。
s-PIC_0006.jpg
s-PIC_0007.jpg
これは確か3年ほど前に友人からもらったものです。幹から自然に根っこが生えてくるので、その部分を切り取って土に埋めれば増やすことができるそうです(挿し木でも十分増やせます)。毎年春になると幹の先端から新しい芽が生えて生長していくので、一年でかなり大きくなります。風に吹かれて幹が折れることもあるので、栽培に支柱は欠かせません。他のサボテン同様、水やりが少なくて済むので、興味がある方は大型ホームセンターなどで探してみてはいかがでしょうか・・・?

次回は・・・ちょっと他に書きたいことがあるのでトロピカルフルーツはお休みさせていただきます。ご了承下さい。

パッションフルーツ

今日はトロピカルフルーツ第二弾!
パッションフルーツ
冬なのでやや葉が黄色くしょぼいさびしい感じがします・・・。
パッションフルーツもライチくん同様4年前に我が家にやってきました。これまで熱帯フルーツの中で収穫できたのはこれだけですが、これが酸っぱくて、完食するのも大変なんです・・・。
情熱の果実
今生ってる実です。完熟すると自然にヘタがとれるので、その時に収穫しています。実にしわがあるのが少し心配なところです。昨年も年が明けてからの収穫だったので、今季もそろそろでしょう。

次回はドラゴンフルーツを紹介しようと思います。

ライチくん

今日はうちの果樹について紹介します。ライチくん
プロフィール欄にもあるこの写真は4年前の夏ごろに種をまいたレイシ(ライチー)です。私の名前もここから来ています。
私は「ライチくん」と呼んでいます。
ミニライチ
こちらは昨年か一昨年(あまり覚えてないです・・・)にまいたものです。ちょっと比べにくいのですが、3年も経つとだいぶ大きくなります。いずれは収穫を目指す・・・という野望を抱きつつ、栽培しています。

うちには他にもトロピカルフルーツが3種類あるので、次はその中からまた紹介して行こうと思います。

イザ江ノ島!

昨日は江ノ島に行ってきました。s-PIC_0137.jpg
s-PIC_0136.jpg
上の2枚の写真は江ノ島神社のものです。
カテゴリにもあるように、じつは釣行も兼ねて自転車で行ってきたのですが、周りでイワシがつれる中、自分はボウズ(=何も釣れなかったこと)・・・。
確か1年前にも同じことがあったような・・・。

魚の写真が無いので、釣果の代わりに釣具紹介をちょこっと。
PIC_0140.jpg
これは「餌木」というもので、主にイカを釣るときに使う疑似餌です。イカの他、タコを釣ることもできるようです。中には、針を丈夫なタコ用に変える人もいるそうです。
いずれはタコを釣ってみたいとおもいます(いつになるのやら・・・)。
では、今日はこの辺で。

ししとう

完熟ししとう
試しに昨年とれたししとうの画像を載せてみます。

収穫期を逃したので、「よし、赤くなるまでほうっておこう。」と放置したらこうなりました。
今は乾燥させて部屋の飾りにしています。
・・・ちょっと画像が荒い気がしますが、気にしないということで・・・

はじめまして

皆様、はじめまして。新しくブログを始めた、レイシと申します。
このブログでは、じぶんのちいさな畑やドジョウ、キンギョなどのペット達、超超超大好きなシャチ、気まぐれに行く釣りやちょっとしたお出かけ等、菜園ティストを目指すわたしの日常を記していきます。
まだあまり腕は良くないのですが、いずれは画像もupしようと思います。不定期更新ではありますが今後よろしくお願いします!
プロフィール

レイシ

Author:レイシ
この春大学生になった、釣り好きシャチ好き野菜好きな変人。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。