スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り解禁 磯遊び編


前回予告した磯遊び編。そういえば磯は久々だったなぁ。
小坪裏磯

ここには異常なほどウニがいます。
ムラサキウニ
多分取っちゃダメな気がする…ので写真を撮った後は海にお帰りいただきました。
ムラサキジャナイウニ
ムラサキウニじゃないウニ(バフンウニ?)もいるものの少数派。

岩をひっくり返すとクモヒトデがいました。
クモヒトデ
…スリムな体型なんだけど、なんかこう、華が無い、というか、キモい(失礼)

タコノマクラ(?)
結構レアなんじゃないかな、タコノマクラ(多分)それにしてもカシパン類ってどうしてこんな名前なったんだろう。菓子パンって…
スカシカシパンの殻
港で拾ったスカシカシパン。小坪ってカシパン類の楽園なのか!?立派なので持ち帰り。


他にも、磯一帯を埋め尽くすヒジキや、小坪名産のワカメも生えていたのですが、漁業権が設定されているため、採集は禁止されています。ご注意を!
(因みに近所に住む親戚の話では、そこのヒジキは固すぎて食べられないため、密漁もされずに繁茂しているそうです)













以下、磯で見つけたR-18G(ナマコ)なので閲覧は自己責任でお願いします。


続きを読む

スポンサーサイト

釣り解禁 小坪漁港

久々に釣り。
場所は昨年おいしい思いをした小坪漁港に決定。
…誰だ3日前に最高気温20℃とか予報してたやつ。めちゃくちゃ寒いじゃねーか!!!!!!!(まあ、前日に予報が変わっただけなんだが)


友人と始発で最寄り駅を出たにもかかわらず、午前中はアタリがなくひたすら寒さに耐えるのみ。
保険として仕掛けておいたお魚キラー(カゴ)を揚げてみるも、中身はヤドカリのみ。
ヤドカリのみ
出汁出るかな?
ヤドカリは食べる気にならないな・・・

お昼に干潮を迎えたので、裏にある磯にて磯遊びをしてきましたが、その話はまた後でまとめます。


さて、潮が満ち始めたので、漁港に戻ります。
午後になってやっとかすかなアタリを感じたので、粘ってみると初ヒット。
ハゼの一種
アカオビシマハゼにしては色が濃すぎるので、なんと言うハゼかは分かりません。小さいのでリリース

その後はお土産確保のためテトラに降りてカメノテ採取。すると同じくテトラで釣り糸をたらしていた友人にギンポがヒット!
ばらしてしまったものの、これで火がついた自分も仕掛けをテトラの間に落とすと、ややあってヒット。
根魚
カサゴ…はもっと赤っぽい気がするので、これはソイだろうか。21cmとけっこういいサイズなのでクーラーボックスへ。

その後は堤防の先端のテトラにてハゼを追加。
ハゼの一種(ドロメ?)
ぬめりがものすごいので、多分ドロメ?これもおいしいので確保。

しかしこれを最後にアタリは無く、納竿。(寒さに耐えられなくなったのもある)


釣果
小さいハゼ×1
根魚(カサゴ?ソイ?)×1
ハゼ(ドロメ?)×1


~調理編~
釣り場で内臓を取り、血抜きをしておいた根魚とハゼは、それぞれ三枚と松葉に卸して一晩タレにつけた後唐揚げにしました。
おいしかった
皮もきちんとウロコ取ればいけるね。ご馳走様でした。



3月27追記
別の友人に訊いたところ、例の根魚はカサゴでもソイでもないそうです。でもおいしかったから何でもいいか。

続きを読む

釣行 片瀬川河口

皆様、お久しぶりです、レイシです。
とうとう一ヶ月以上更新をサボってしまいました。とか思っていたら、もう十月も中旬だそうじゃないですか。時がたつのは早いものです。

とかそういう挨拶は程々に、二ヶ月前の話とかをつらつらと書いていこうと思います。


8月2日、二の丑の前日にウナギを求めて友人とともに片瀬川へ。
本命こそ釣れなかったものの、まぁいろいろと予想外な魚が釣れました。


ウナギ狙いということで、開始は午後2時ごろ。
午後2時片瀬川
道糸:ナイロン5号
錘:カメ25号
ハリス:3号
ハリ:ウナギ11号
餌:アオイソメ
というウナギを釣る気満々の仕掛けで挑みました。

前日の雨でその日はゴミが多く、アタリなのかゴミなのかわからない状況が終日続いたのですが、その中でもより強いアタリを見抜いて引いてみると、河口のヌシが釣れました。
何故ヒイラギ
うなぎ針11号なのになぜヒイラギ?
まぁ、とりあえずボウズは回避したので一安心。今日の目標はあくまでもウナギなのでこれはリリース。

・・・またヒイラギ。
またヒイラギ
ハリが小さすぎるのか?

やがてヒイラギラッシュも終わり、しばし投げ→回収→餌交換→投げ…の作業を繰り返します。
その作業の最中、意外な方が釣れました。
何故マゴチ
人生初のマゴチ(一円玉と比較)。えさもアオイソメだし、アタリも引きも全くなかったので最初は枯葉かと思いました。しかし今回の目標はあくまでもうなg
やっぱりキープ。

その後はしばらくあたりも無く、河にを見ても流れてくるのはゴミゴミタヌキゴミゴミ…

河の後ろに小さい隙間があったので、友人はそちらに仕掛けをたらしてみることに。
意外とこういう穴場が釣れたりします。
ヒネハゼ?
釣りに行ったのは8月なので、このサイズはヒネハゼか別種のハゼのようです。

同じポイントで釣り続けると、再びアタリが。
ゴン様
真冬に腰越まで行って捜し求めたゴン様ことゴンズイ。夏は臭いらしいし、小さいのでリリースしました。

結局、本命のウナギは姿を見せませんでしたが、ミニマゴチつれたからいいや。

というわけで、夏の思い出でした。

続きを読む

釣行 調理編

5月に釣ったギンポ達を調理して行きます。

尺ありそう
デカイ。ぐへへへへ。

ドンコとともに天麩羅にしました。
天麩羅
うん、見た目はあまりよろしくないね。
でもいい味でした。身に味が有るギンポはそのまま、ドンコは淡白なので軽く塩を振るといいかも。
尚、ドンコは身が非常に柔らかいので捌くのに苦労しました(よって画像を撮る余裕もなし)。


タコはぬめりを取って茹でました。
ゆでダコ
美しいゼ!
ゆで汁はすっかり茹でダコの小豆色に染まってしまいました。
ゆで汁
こんなにも色が抜けるとは…。タコ恐るべし。
少し生臭さがありました。活け〆がうまくいかなかったようです。
しかしながら、どれも美味しく食べることができました。海の恵、漁港に感謝。
※更新は七月ですが、実際に食べたのは五月です。

釣行 小坪漁港その2

初回は5月1日、今回の釣行は5月4日ですが、いろいろあって遅めの更新となってしまいました…
ハオコゼ
始めて間もなくかかってきたのはハオコゼ。針を飲まれたのでハリスを切ろうとしたら、刺されました。痛い…。
幸い症状は軽く、痛みも引いてきたので釣り続行。

気を取り直して港の角へ移動すると、引きのない魚が釣れました。
キタマクラ
キタマクラ。そりゃ引かないわけだ
毒有り
目が緑色でいかにも怪しい風貌。早いとこリリース。


同行した友人はカニを釣りました。
またカニ
ここはワタリガニ類が多いようです。

その後は続かず、帰り際になんとかハゼ達を追加。当然全てリリースしました。
アカオビシマハゼ



何こいつ
(二枚目の魚はハゼじゃない気もする…まあいいか)


プロフィール

レイシ

Author:レイシ
この春大学生になった、釣り好きシャチ好き野菜好きな変人。

※当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。